開催日 令和4年10月6日(木)

     わぉ!坂道 旭区の坂道  12km
  自由歩行
             
            注)小雨実施、昼食・飲料水・雨具はご持参下さい
              昼食は自由昼食


集合場所
受付時間
解散場所
楽老南公園(相鉄 三ツ境駅 5分)  ※トイレは駅で
9時00分~9時30分    出発式なし  受付後随時出発
相鉄 鶴ヶ峰駅 13時迄

コース等  楽老南公園→境友坂→ひまわり坂→露木坂・笹野台北公園→楽老坂→笹の坂→
       もえぎ坂→富士見坂→金が谷坂→岸本坂→今川公園→おかご坂→神奈川坂→
       鶴ヶ峰駅


旭区は多摩丘陵南部に位置し、帷子川の支流である矢指川と二俣川に挟まれた笹野台・金が谷付近では、河川や降雨などの浸食により川沿いの低地部と丘陵部に分けることができる起伏に富んだ地形が形成されています。この低地部と丘陵部を結ぶ「金が谷坂」等の主な坂には昭和62年に笹野台地区社会福祉協議会によって、坂名標識が取り付けられています。また、鶴ヶ峰周辺の坂は民話等の伝承や歴史的事象に基づいた坂名が付けられています。
今回は笹野台・金が谷および鶴ヶ峰周辺11ヶ所の坂を歩きます。
笹野台・金が谷付近では昭和30年代後半から住宅地の開発に伴って新しい道路がいろいろと作られましたが、台地と谷の多いこの地域では、かなり無理して作ったのか勾配の急な坂道が多く、高齢者にとって厳しいこともあります。
冗談に「ここは笹野台ではなく『坂の台』だ」などと揶揄する人がいるほど坂の多い町です。
 


   開催日 令和4年10月21日(金)

  鶴見川の源流を訪ねる ➀10km ②14km 自由歩行
    
           注)小雨実施・昼食・飲料水・雨具はご持参下さい

           
昼食は自由昼食


集合場所
受付時間
解散場所
古淵北公園(JR横浜線 古淵駅 5分)     ※トイレは駅で
9時00分~9時30分       出発式なし  受付後随時出発
① 鶴見川源流の泉(神奈中 小山田バス停 6分) 11時15分頃
② JR横浜線 相模原駅北口 12時30分迄

コース等   古淵北公園→伝重寺前→忠生公園→馬駆→業務スーパー→日大三高入口→
        みつやせせらぎ公園→小山田バス停→鶴見川源流の泉(①ゴール)→
        南多摩斎場入ロ(長池公園)→小山長池トンネル→小山上沼公園→
        相模原駅(②ゴール)


鶴見川源流域の 970ha は町田市北部丘陵と呼ばれ谷戸田を中心とした農業が営まれていました。
都市基盤整備公団(現 独立行政法人都市再生機構)は、最源流を含むその一部で、多摩ニュータウンに続く宅地造成を計画しましたが、平成 15 年 7 月に事業の中止を決定、町田市がそのあとを受け「農とみどりのふるさとづくり」としてまちづくりを推進することとなりました。
 その源流域の中心部に位置するのが「泉のひろば」がある約 70ha の田中谷戸で、中央部の湧水(源流の泉/源流泉のひろば)を起点に、下手には幅広い谷地形(中央の谷)が展開し、上手には北の谷(北の入り谷戸)、源源流の谷戸(長谷戸)、中央上手の谷(溜まり池の谷戸)、南の谷(芦田谷戸)が配され、2次河川に対応する2次の小流域となっています。中央上手の谷の一部を除き地形、森ともに残っています。「泉のひろば」の左手の小道を山側に登つていくと源源流に近づきます。